研修受入

あおぞら財団ではESD(持続可能な開発のための教育)の視点から、未来を考えるために対話的な学びの場をコーディネートします。

研修に関するお問い合わせにつきましては、メール、ファックス、お電話などでお問い合わせください。
お問い合わせいただいた内容を確認・検討の上、ご回答させていただきます。講師依頼受付後、2~3日でご回答させていただきますので、もしご連絡がない場合はお問合せください。

  • お申込み用紙 : pdf形式 excel形式
  • 電子メール : webmaster[at]aozora.or.jp ([at]を@に変えてください)
  • Fax : 06-6478-5885

フィールドワークで大切にしている3つのこと

SDGs達成に向けて学ぶ 環境・貧困・人権・平和・開発などの地球規模の課題解決のため国際的に合意された「持続可能な開発目標(SDGs)」。未来に向けてどう目標を達成するか、考えます。
公害の経験から学ぶ 西淀川公害裁判は「地域再生」で和解をした最初の裁判です。公害被害を改善するため声を挙げ、調査や規制、救済を求めて対話を作り出した市民の経験から学びます。
多様な視点から学ぶ 時代背景や立場の違いで物事の見え方は異なります。様々な利害関係者(ステークホルダー)の意見を聞いたり、ワークショップを取り入れたプログラムで学びを深めます。

環境省職員受け入れ

公害患者の話を聞いています。

フィールドワーク例

基本コース:半日、1日間、2日間、3日間

時間

内 容
半日
西淀川公害説明(エコミューズ)
公害患者さんの語り部(エコミューズ)
フィールドワーク30分程度(大野川緑陰道路、歌島橋交差点周辺)
グループワーク、感想共有(エコミューズ)
1日間
フィールドワーク2時間程度(阪神出来島駅、国道43号、出来島小学校周辺、千北診療所、あおぞら苑、大野川緑陰道路)
西淀川公害説明(エコミューズ)
公害患者さんの語り部(エコミューズ)
グループワーク、感想共有(エコミューズ)
2日間
西淀川公害説明(エコミューズ)
公害患者さんの語り部(エコミューズ)
バスによるフィールドワーク1日(国道43号、尼崎の工場群、千北診療所、あおぞら苑、大野川緑陰道路)
※国道43号にて国土交通省大阪国道事務所からの説明やあおぞら苑でのヒアリングを含む
西淀川地域への提案を考えるグループワーク、感想共有(エコミューズ)
3日間
西淀川公害説明(エコミューズ)
公害患者さんの語り部(エコミューズ)
バスによるフィールドワーク1日(国道43号、尼崎の工場群、千北診療所、あおぞら苑、大野川緑陰道路)
※国道43号にて国土交通省大阪国道事務所からの説明やあおぞら苑でのヒアリングを含む
企業の見学(大阪ガス、新日鉄住金、関西電力、神戸製鋼など)
行政の環境センターの見学(大気汚染測定と環境基準について学ぶ)
弁護士から公害裁判のお話し(エコミューズ)
西淀川地域への提案を考えるグループワーク、感想共有(エコミューズ)

※ご希望に応じた組み合わせが可能です。

ガイド代

メニュー
料 金
フィールドワー ク
5,000円/講師(案内者)1人1時間
※標準単価:10,000円/講師(案内者)2人1時間
西淀川フィールドワークマップ
 西淀川公害を考える 西淀川公害から考える
500円西淀川フィールドワークマップ

 

※受け入れ時間と人数に応じてご相談にのります。
※その他、会員割引で書籍・資料の割引があります。(2割引)

 

 

受入例

大阪大学工学部地球総合工学科学生受け入